トップページ

商品カテゴリ

お支払い・配送について

お客様の声

特定商取引法

お問い合わせ

会員登録

お買い物かごの中

   ラピーよしやは幸せになるマリッジリング(結婚指輪)や彩りあるジュエリーを制作している工房です 工房からお客様へ直接お届けさせていただきます  
商品カテゴリ


お 役 立 ち 情 報
 

18金(K18)18カラットの金


一般的に呼ばれています金、18金や14金つまり純金以外の金の純金含有率はカラットという単位を使います。24カラットを100%の金、純金と決めています。よって18金(K18)は、24カラットが純金ですから18/24つまり75%金を表します。では残り25%にはどのような金属が含まれているのでしょう。それは銀、銅、パラジウムなどですがこれらの配合により色あいが大きく違ってくるのです。

イエロー・ゴールドには銀と銅を配合します。その配合の割合も4:6、5:5、6:4とありますが最近では銀の割合が多い6:4が多いようです。

ピンク・ゴールドには銀、銅、パラジウムを配合しますが銅分を多く配合しますので美しいピンク色になります。

ホワイト・ゴールドにはパラジウムや銀など白色系の貴金属を配合することで美しいホワイト・ゴールドになります。

このように金の場合は加える金属の種類と割合によって色を変えることが出来る特長があるのです。

このほか、25%全て銅にした場合のレッド・ゴールド、25%全て銀にした場合のグリーン・ゴールドなどもあります。

注:カラットは英語では<carat>、米語では<karat>と表記されますが宝石類の重さを計る単位(0.2gを1carat)としての意味と金goldの純金含有度を表す単位としても使用されますので注意が必要です。

  プラチナ900(PT900)



プラチナとパラジウムの二元合金です。
プラチナ900‰(パーミル)とパラジウム100‰(パーミル)の合金です。‰(パーミル)とは1000分率のことです。あまりなじみはありませんが貴金属に関しては100分率ではなく1000分率が用いられますのでPt90ではなくPt900と表記されます。
プラチナ900(Pt900)は最も一般的なプラチナ合金です。

プラチナに関するジュエリー情報はプラチナギルドインターナショナルから得られます。

 SILVER925(スターリングシルバー)



最も古くから使われているシルバー合金です。
925‰(パーミル)の銀と75‰(パーミル)の銅からなる二元合金です。‰(パーミル)とはあまりなじみはありませんが1000分率のことです。貴金属に関しては100分率ではなく1000分率が用いられますのでリングやペンダントなどに925と刻印されているのです。
銀は黒く変色するのが欠点ですがこれは空気中の水分や硫化水素と化合して硫化銀ができるためで、酸素と化合して酸化膜ができるためでなく硫化して硫化銀が表面にできたためなのです。特に硫黄分に触れると変色(硫化)しやすくなりますので温泉に入られる場合は特に注意しましょう。

 ろう接(ロー付け)と溶接



冶金学的分類では溶接には融接、圧接、ろう接とありますが貴金属製品では各パーツの接合やリング(指輪)のサイズ直し(調整)などにはロー付け(ろうづけ)、ろう接(ろうせつ)という接合法を用います。
母材(Pt900,K18,シルバー925など)より融点の低い貴金属(Pt用ロー材、K18用ロー材、シルバー用ロー材)をトーチ(酸素バーナーなど)で加熱してロー材を溶融し母材(接合したい材料のこと)を接合します。
ロー付けでは母材そのものを溶融することなくロー材を溶融することで母材を接合一体化できますが、とも付けと呼ばれる接合法やレーザービーム溶接では母材そのものを溶融することで接合一体化させますのでロー材を使用する必要はなく冶金学的には融接に属します。
溶接するための材料(ロー材)を使用するか、しないかがろう接(ロー付け)と融接の違いになります。

 リングのサイズ直し


リングのサイズ直し

リング(指輪)のサイズが指に合わなくなること(少しゆるく感じたり、きつく感じたり)はよくありますがそのような場合でもピッタリ指に合うように調整可能です。
リングのサイズを小さくする(ちぢめる)場合はリングの一部を糸のこで切断し、その後ロー付け(溶接)し、その部分を元のように美しく仕上げます。
リングサイズを大きくする(のばす)場合は切断し、必要なサイズの地金(Pt900、K18、シルバー925など)をたしてその接合部分をロー付け(溶接)し、その後元のように美しく仕上げます。

日本宝飾クラフト学院では、ジュエリーのデザインや創作、修理などのあらゆる技術の習得ができたり情報が得られます。

 ギメルリング



ギメルリング


ギメルリング、別名双子指輪、二本のリングが組み合わさるタイプのリングで、ラテン語のゲメッルス(gemellus 双子)が語源。

 二本のリングが離れず組み合わさる様を、ドイツの詩人ヘンケルは

「結婚した者は、双子のようにひとつに結びつき、愛と慈しみのなかで生きよ、一体化するために二人は生まれたのだ。結婚して新生活をはじめるためには思慮分別を忘れるな。」

と「最高の結婚」と言う詩で詠っています。

 二本のリングが離れず組み合わさって一つの形になるリングは、二人が強い絆で結ばれ、一心同体となることで「完全」となることを意味しているのでしょう。

 16世紀〜17世紀頃のヨーロッパで結婚指輪として多く用いられていた、このように大きな意味をもつ指輪に出会えたことが私自身のジュエリーに対する考え方、姿勢を大きくかえさせてくれました。こんな素晴らしい指輪に出会えることが出来たことに感謝いたします。

 ギメルリングを弊社ではマリッジリング<絆(HAN)シリーズ>として製造販売させていただいてます。

(参考文献) 

 「指輪の文化史」 浜本隆志著  白水社

平打ちリング



平打ちリング

リングの上面(表面)が平面的なリングです。

ヒコ・みづのジュエリーカレッジ 東京校でジュエリーのデザインや加工の技術などジュエリーに関する専門的な事柄が学べます。

甲丸リング

甲丸リング

リングの上面(表面)は丸く滑らかで、断面はカマボコのようなかたちになっています。

平甲丸リング


平甲丸リング


甲丸リングの良さと、平打ちリングの良さを兼ね備えたリングです。

結婚指輪(マリッジリング)



結婚式の時または入籍した日に男女が取り交わすリングです。
「ウエディングリング」wedding ring、「マリッジリング」marriage ring、とも呼ばれています。
結婚指輪は古代ローマ時代より取り交わされるようになりました。初め素材は鉄でしたがローマ時代末には金へと変わりました。
現代でも欧米では金のマリッジリングのウエートが高いのに対して、日本では圧倒的にプラチナの比率が高くなります。

マリッジリングのデザインは常に身につけているということで、甲丸リングや平打ちリングをベースにアレンジしたシンプルであきのこないデザインが主流です。

参考文献 「ジュエリーコーディネーター検定」 社団法人 日本ジュエリー協会

婚約指輪(engagement ring)



婚約指輪( engagement ring )婚約の時、男性から女性へ贈るリングです。
エンゲージリング (engagement ring )とも呼ばれています。

日本ではダイヤモンドの立爪タイプのリングを贈る人が多数をしめます。
ダイヤモンドのエンゲージリングを初めて贈った人は、オーストリアのマキシミリアン大公といわれています。
今から約500年前の1477年のことでした。ブルゴーニュのマリー姫に、かまぼこ型ダイヤモンドでMの字を型どったものを贈りました。

また、1840年2月に結婚したイギリスのヴィクトリア女王へプリンス・アルバートが贈ったエンゲージリングはエメラルドがついたスネークタイプのリングです。

下記の写真はエンゲージリングの代表格の立爪です。
1890年一粒石のダイヤモンドを最も美しく見せる方法として考案されました。
6本の爪によってダイヤモンドを持ち上げサイドからも十分光が入るようにしたものです。
開発したのはティファニー社で「ティファニーセッティング」とも呼ばれます。

婚約指輪

参考文献 「ジュエリーコーディネイター検定」 社団法人 日本ジュエリー協会


GSILVER

装身具、アクセサリーなどの修理品として持ち込まれる製品のなかに時々、GSILVERと刻印されているものがあります。

お客様ご自身は、どのような金属なのかご存知ないことがほとんどで、私も銀製品でないことはわかっていたのですが、どのような合金なのか詳細を調べますと、銅63%、ニッケル14%、亜鉛23%から成る合金をGSILVER(German Silver)ジャーマンシルバーまたは、ニッケルシルバー(Nickel Silver)と呼ぶそうです。

合金の、各々の金属の配合は銅を50〜70%、ニッケルを5〜30%、亜鉛を10〜30%配合したものになるようです。

一般的には、洋白とか洋銀などと呼ばれています。
銀白色の合金で、柔軟性、屈曲加工性及び耐食性に富んでいますので装身具やバネ材料、楽器(主にフルート)の材料として用いられています。

500円硬貨もこの合金で出来ていますが、ニッケル黄銅と称し、銅72%、ニッケル8%、亜鉛20%の配合になっています。

このように、貴金属の銀(SILVER)ではありませんが加工性などが大変優れている合金です。

ピューター(Pewter)


アクセサリーの修理として時々刻印のないものを依頼されることがあります。
色合がシルバーのような感じなので依頼主は刻印はないのですがシルバーだと思われている方も多いようです。

ペンダントのマルカンが外れていたり、折れていたりする事が多いのですが、修理のためにバーナーで火を当てますと低温で溶け始めます。
シルバーではなく、ピューターという合金なのです。

一般的には、錫93%、アンチモン7%や、錫91%、アンチモン7%、銅2%などの配合になっているようです。

元々は、錫に鉛を加えていましたが18世紀のイギリスで鉛の代わりにアンチモンを加える改良がなされました。
改良されたピューターはブリタニアメタル、またはチューダー・ピューターと称され、今日ではピューターと言えばブリタニアメタルのことを指します。

融点は約250℃と低融点です。

低融点のため、銀ローでのロー接は不可能です。

残る方法は、ハンダ付けなのですが強度を考えますとアクセサリーには強度不足ですのでおすすめできません。

修理には問題がありますが、海外で制作されているピューターアクセサリーには素敵なデザインのものが沢山あり大変参考になります。


リングの呼称(つける指による違い)

ピンキーリング pinky ring

ピンキーリングは、英語で小指を指します。
この指につけるリングをピンキーリングと称します。

小指は、「チャンスや秘密」を象徴するとされています。

ブライダルリング bridal ring

愛のシンボルであるブライダルリングは、左手の薬指につけます。
左手は、「服従と信頼」を表し、また薬指は、「創造」を表す指とされてきました。

中指リング

中指につけるリングです。
中指は、「直感やインスピレーション」を表す指とされています。

インデックスリング index ring

人差し指につけるリングをインデックスリングといいます。
この指は、「人を導き教える」指とされています。

サムリング thumb ring

親指につけるリングです。
弓を引くとき親指の保護のためこのリングが使われました。
また親指は、「権力や権威」を表す指とされ、中世キリスト教の教皇は、大きなリングを親指にしていました。

トゥリング toe ring

足の指につけるリングです。
アフリカやインドの人達の写真集などで見ることが出来ます。
近頃では、私達の中でも夏場のサンダル履きの人々の中に見ることがあります。


リングピロー(ring pillow)

指輪のための枕、枕状のものといわれています。
どうして指輪に枕なのでしょう?

結婚式の時、指輪を取り交わしますが、その時まで指輪を置いておくものです。
枕状ではありますがチョット厚めの座布団のようでもあります。

大切なリングですからトレーに直接置くのではなく、装飾的な意味も込めてリングピローにのせるのでしょう。

私は、ピローでなくてもリングケースに納められていればそれでよいと考えます。

エタニティーリング(eternity ring)

結婚記念日や出産記念に夫から妻へ贈られるリングです。

「永遠に変わらない心」を表すため、リングの全周に同じサイズ、同じカットの宝石を留めています。

エタニティリングは、全周に石が留められているのが基本ですが、将来サイズ直しをする可能性や、コストの面も考え半周程度に石が留められたものを「ハーフエタニティ」とよんでいます。
それに対して全周に留められたものを「フルエタニティ」とよぶ場合もあります。


ベビーリング(baby ring)

子供が生まれた記念に親しい人や祖父母、父母から子供へ贈られるリングです。

子供が健康に育つようにとの願いを込めたものです。

赤ちゃんの指に合わせたサイズのため大変小さいのが特徴です。

小さくてかわいいのでペンダントヘッドとして「子供が健やかに育つように」との想いで、大切につけている方もいます。

やさしいお母さんの気持ちが子供に伝わることでしょう。



ポージーリング(posy ring)

ポージーとは金属や石に詩や短い文句、モットーなどを刻み込むことを意味する言葉です。
日本語の「銘」のことでしょう。

13世紀のヨーロッパで「愛は全てに打ち勝つ」とリングに刻んで恋人に贈った人がいましたが、その後14〜18世紀にかけてイギリスを中心とするヨーロッパでリングの表や裏に愛の言葉を刻んだリングを贈ることが流行しました。

日本でも確か15年か20年くらい前だと思いますが、マリッジリングやペアーリングとして大変流行った記憶があります。

リングの表(上面)に何か一語、二語刻み込んだシンプルなリングでした。

私は大変好きなリングだったので、いずれ復活させて定番にしたいと考えています。


リガードリング(regard ring)

19世紀に流行した色石リングの一種です。

愛の言葉を宝石名の頭文字をもつ宝石を並べて表現しました。

よく使われた愛の言葉はリガード REGARD(敬愛する)で、Rをルビー、Eをエメラルド、Gをガーネット、Aをアメジスト、Rをルビー、Dをダイアモンドの宝石で飾りました。

また、二人だけにしかわからない言葉の頭文字を宝石に置き換えたりして楽しみました。


ジュエリーをネットショップで買う

近頃は、ジュエリーをネットショップで購入される方も多くなってきているようです。
ジュエリー購入の基本は何と言っても自分の目で見て、手にとって、着けてみることが大切な要素となりますが、通販の場合は、手にとって実際に着けることはできませんので購入するジュエリーの素材には実店舗で購入する時以上の注意が必要です。

また返品可能かが大変重要なポイントになります。

マリッジリング(結婚指輪)の場合は、サイズゲージや実物サンプルの貸し出しサービスや、30日間返品保証などを行っているネットショップもあるようです。

これからのトレンドとしてはジュエリーもネットで購入するというケースが多くなってくるのでしょう。

ネットショップの魅力は自宅にいながらにして、いつでも、必要な多くの情報が得られることです。
仕事で忙しく、お店に行く時間がなかなかとれない人達にはなくてはならないものかもしれません。
高額なジュエリーは別としましても、マリッジリングやふだん使用のライトジュエリーなどは、自宅でパソコンやスマホでデザインや価格などを比較して、いながらにして、マイペースで好きな時間帯でジュエリー選びをするというスタイルになるのでしょうか。

日本のジュエリー

日本jでは、いつ頃からジュエリー(装身具)をつける習慣がはじまったのでしょうか。

縄文時代、弥生時代、古墳時代には勾玉、ヒスイ、メノウ、コハクなど装身具が存在し、大陸から入ってきたのか、この国でつくられたものなのか、指輪などの出土例が、九州や近畿を中心に認められます。

しかしこの装身具文化はおよそ七世紀以降消滅し奈良時代以降、1100年以上もの長きにわたり、耳飾(イヤリング)、腕輪(バングル)、ネックレス、指輪(リング)など装身具が使用されたことはほとんどありません。

江戸時代後期、長崎の出島に居住するオランダ人の影響を受けて一部の人達が指輪を用いた記録はあります。

しかし、指輪(リング)をはめる習慣は明治時代に入り、ヨーロッパ文化の受容の一環として徐々に定着したので比較的新しいといえます。

当時の時代潮流の典型例は鹿鳴館時代の外国文化の移入にともない洋服や装身具(ジュエリー)をまとった華やかな女性の風俗画が示しています。

(参考文献)   「指輪の文化史 」  浜本隆志著

地球とパワーストーン

今から約46億年前、私たちが住むこの地球は、いくつもの小さな惑星が衝突を繰り返してできました。当時の地球はドロドロに溶けた溶岩の海でした。その中で次第に重い元素は沈んで地球の核を形成し、軽い元素は上に浮いてマントルと呼ばれる層を作りました。
そしてさらに軽い元素によって地球の表面ともいえる地殻ができ、地殻の表面が冷えるにつれて大気中の水蒸気が雨になって降り注ぎ、そこに地殻中のミネラルが溶けて海が形成されていったのです。
やがて、海水中に含まれるミネラルと宇宙光線に含まれる生命エネルギーが合体して生命の素ともいえる物質が合成され生命の誕生へと発展していきました。

地球の歴史を振り返ってみると最初にあったのは溶岩でありそれが冷えて岩石、石となり水と土ができるにしたがって生命が誕生してきたのです。つまり、石は生命の起源よりもはるか昔から存在していたわけで石は生命のルーツともいえます。そのことが私たち人間の根底にあるからこそ、大地の石やパワーストーンに本能的な安らぎと親しみを感じるのでしょう。

誕生石とパワーストーン

宇宙は、全ての存在を愛し、護り、癒し、進化、発展させる偉大な力に満ちています。
この宇宙の力によって生まれた地球という美しい生命体のなかで個性的、芸術的に一つの形に創造されたのがパワーストーンです。このパワーストーンを生まれ月に分類し誕生石としています。

自然界に存在するすべての石は、何らかのパワーを秘めています。
そのパワーは目には見えませんが私たちの体や魂に働きかけ癒してくれます。
自然界の石の中でも、そうした力を強く宿しているのがパワーストーンなのです。

パワーストーンは、いわば宇宙からの贈り物、パワーストーンがもつ、心身のバランスを整えて癒す力、人間本来の能力を目覚めさせる力を最大限活用することが素晴らしいプレゼントを授けてくれた宇宙の恩恵に報いることだと思います。

 

お家でゆっくり結婚指輪選び
マリッジリング(結婚指輪)無料貸し出し
ジュエリーお役立ち情報
きっとつながる

内甲丸仕上げのマリッジリング(結婚指輪)
マリッジリング(結婚指輪)に最適なギメルリング
マリッジリング(結婚指輪)の素材変更
ペアーフリーのマリッジリング(結婚指輪)
マリッジリング(結婚指輪)用のケース

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード